LEDの発光効率の向上技術

エンジニア質問箱

質問箱メニュー

検索

質問する

LEDの発光効率の向上技術

竹梅さん
質問日時: 2009/04/06 10:16

LEDの発光効率の向上には、半導体内で発生した光をできるだけ高い効率で空気中に取り出すことが求められているということですが、その理由はどうしてですか。研究機関や開発企業を教えてください。

この質問にキーワードを設定する

違反通報

この質問に回答する

並び替え:
▼最新順に表示
▲投稿順に表示
回答1
回答日時 : 2009/04/06 12:35

NFBさん

2つ理由があると思います。
まず、省エネです。できるだけ少ない電流で明るく光れば消費電力を下げることができます。また、自動車のランプや信号など非常に明るさが求められる場合でも素子の数を少なくすることができます。

もう1つは寿命です。光にならないエネルギーは基本的には熱に変換されます。非常に小さな素子であるLEDではかなり高い温度になり、寿命に直結します。電球などと異なりすぐに切れることはありませんが、明るさが減少していくと思います。

すみません。研究機関などは思いつかないのですが、研究開発の根本なので素子メーカーはすべてメインの研究課題にしているのでないでしょうか?

この回答が「なるほど」と思ったらクリック→

なるほど3人

違反通報

NFBさんへのお礼 お礼日時: 2009/04/16 13:29

要点がはっきりとわかり助かりました。

違反通報

回答2
回答日時 : 2009/04/06 15:04

COSMEMANさん

LEDは、半導体と空気の界面で起こる全反射現象によって光が内部に閉じ込められやすく、高い効率で空気中に取り出すことが極めて難しいので、高効率にするために開発が進められています。

http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2009/pr20090303/pr20090303.html
入力エネルギーと可視光の関係から見ても、LEDはエネルギー損失が非常に低いといわれています。
http://tftf-sawaki.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_fdb7.html

この回答が「なるほど」と思ったらクリック→

なるほど1人

違反通報

COSMEMANさんへのお礼 お礼日時: 2009/05/31 19:52

大変、勉強になりました。ありがとうございます。

違反通報

回答3
回答日時 : 2009/04/09 22:00

やまさん

LEDが消費するエネルギーは光と熱に変わります。発光効率が増えれば、光(明るさ)は増加し、熱は減少します。
LEDの熱はLED周辺のレンズに大きく影響します。LEDの温度が80℃近くになるとレンズが変質して光の透過が悪くなり明るさが低下します。つまりLEDが寿命になります。
発光効率が向上することで、LEDの寿命も長くなります。
LED照明普及協会のHome Pageがあります。参考にして下さい。
http://www.e-decoled.com/index.html

この回答が「なるほど」と思ったらクリック→

なるほど1人

違反通報

やまさんへのお礼 お礼日時: 2009/05/31 19:54

発光効率が向上するとの寿命も長くなるのですか。とても勉強になりました。ありがとうございます。

違反通報

並び替え:
▼最新順に表示
▲投稿順に表示

この質問に回答する

この質問をブックマーク

最新の質問

ラバーシートの加工について
ラバーシートの加工について伺いたいです。 海外の製品で、細かいカットを施されたラバーブレスレ...
直流回路において、電流の理論値と実測値
写真の直流回路において、電流値の理論値と実効値が合いません。 【条件】 電源:1.5V...
鋳物製造における排ガス成分について
鋳物製造はマイナーな分野なので、なかなか回答には行き着かないのですが、製造時の発生ガスのうち、...

月間ユーザーランキング TOP10



質問箱メニュー

検索

質問する

あと2000文字入力できます。

入力欄を広げる

ページトップへ