エンジニア質問箱

質問箱メニュー

検索

質問する

工場の省エネ化

ケンタさん
質問日時: 2010/08/25 21:00

コンプレッサーの圧縮空気を利用して異物除去を行っていますが、ルーツ式ブロワーに変更すれば省エネ化できるのではないかと考えています。
ブロワーを導入するにあたってどのような使用量測定や費用計算をしてコンプレッサーとブロワーを比較したらいでしょうか?
わかりにくい質問で申し訳ありません。

この質問にキーワードを設定する

違反通報

この質問に回答する

並び替え:
▼最新順に表示
▲投稿順に表示
回答1
回答日時 : 2010/08/26 08:08

daveさん

ご質問に対します回答ではないのですが、異物除去がエアーブローによる
ものでしたら、クロダニューマティクスさんなどに、エアーセービング
ユニットというものがあります。

これは、連続的に流しているエアーブローをパルスブロー化(電磁弁を出口
に設置して強制的に高速で開閉させる)するものです。

エアーの積算流量が確実に減りますが、吹き飛ばす能力は落ちないという
考えに基づいた製品です。

ご要望と全然違う回答で申し訳ありません。御参考になればと思い書き込み
ました。

この回答が「なるほど」と思ったらクリック→

なるほど1人

違反通報

daveさんへのお礼 お礼日時: 2011/01/22 15:14

回答ありがとございました。

非常に勉強になりました。参考にさせていただきます。

違反通報

回答2
回答日時 : 2010/08/26 09:10

AKITAKEさん

CKDの文書に一般的な圧縮空気の値段の算出方法が出ています。

約30円/1m3

http://cd.tokimec.co.kr/Pdf/hoki/main04.pdf

この回答が「なるほど」と思ったらクリック→

なるほど2人

違反通報

AKITAKEさんへのお礼 お礼日時: 2011/01/22 15:14

回答ありがとございました。

非常に勉強になりました。参考にさせていただきます。

違反通報

回答3
回答日時 : 2010/08/26 09:16

ゴッチョさん

エコの考えいいですね。
でも、なぜル-ツ式ブロアにすると省エネなのかを具体的に
比較できれ素敵ですよね。
しかし、ル-ツ式ブロアにすると、動力源(電動機)が必要です。
ご提示いただいた圧縮空気が、共用設備ならば、それだけでエコですが、
ル-ツ式ブロアの新設備で、エコカバ-できるか、それがカギですよね。
又、異物といっても種類(集塵等)が沢山あり、フィルタサイクロン
での設置比較も検討要と思います。
 1)現設備の問題点、2)新設備の特徴、3)異物除去効率の比較
 4)ランニングコスト比較
でのご検討いかがですか?

ル-ツ式ブロア資料
http://www.jsim.or.jp/burowa/index.html

ブロアメ-カ
http://www.taiko-kk.com/jp/product/detail/rotary.html

参考になれば幸いです。

この回答が「なるほど」と思ったらクリック→

なるほど1人

違反通報

ゴッチョさんへのお礼 お礼日時: 2011/01/22 15:14

回答ありがとございました。

非常に勉強になりました。参考にさせていただきます。

違反通報

回答4
回答日時 : 2010/08/26 09:19

星の王子さん

簡単に・・・
送風機の力量でファン<ブロアー<コンプレッサーと分類してます。
【ブロアー】
空気の量が必要な時に使用する。換気・排気 等
使われている場所:トンネルの建築現場・工場のスポット換気 等
熱帯魚水槽に空気を送るのもブロアー
トンネルに空気を送るファンもブロアー

【コンプレッサー】
空気圧縮機 圧縮した空気の力が必要な場合に使用する。
空力機械 潜水作業 潜函作業 等
使われている場所:工場のライン(薄鉄板のプレスライン) 工事現場(道路や構造物基礎等をハツっているブレーカーもコンプレッサーの圧縮空気を使います)
潜水作業・潜函作業(ニューマチックケーソン)にも圧縮空気を用います。
電気で動かす機種とエンジンで動かす機種もあります。

上記からでもお分かりになられるかと思いますが、単純には圧力と用途が違います。

この回答が「なるほど」と思ったらクリック→

なるほど2人

違反通報

星の王子さんへのお礼 お礼日時: 2011/01/22 15:14

回答ありがとございました。

非常に勉強になりました。参考にさせていただきます。

違反通報

回答5
回答日時 : 2010/08/26 13:54

ennさん

異物除去の仕様がわかりませんが、省エネの参考になりそうな資料がありました。
0.6Mpa程度の圧力が優先的に必要な場合はコンプレッサーが必要になってきますが、流量でカバーできるようでしたら有効な気がいたします。
ルーツブロアーの吐出圧範囲は、200kpa(0.2Mpa)程度のようですが、除去対象物や方法で省エネ可能のようですよ。
http://www.jsim.or.jp/burowa/index.html
http://www.yamazen.co.jp/kankyo/eco/pdfeco/ME0897.pdf

この回答が「なるほど」と思ったらクリック→

なるほど1人

違反通報

ennさんへのお礼 お礼日時: 2011/01/22 15:14

回答ありがとございました。

非常に勉強になりました。参考にさせていただきます。

違反通報

回答6
回答日時 : 2010/08/26 19:07

ZZZさん

省エネ化なら供給方式よりもノズルを考慮した方が効果は大きいと思います。
http://www.kirinoikeuchi.co.jp/products/taifuBR.html
http://www.spray.co.jp/products/air_nozzle/air_amp01.html

この回答が「なるほど」と思ったらクリック→

なるほど1人

違反通報

ZZZさんへのお礼 お礼日時: 2011/01/22 15:14

回答ありがとございました。

非常に勉強になりました。参考にさせていただきます。

違反通報

並び替え:
▼最新順に表示
▲投稿順に表示

この質問に回答する

この質問をブックマーク

最新の質問

冷凍サイクルについて
蒸気圧縮式冷凍サイクルについて 低圧ガスを高圧ガスにするために圧縮機があると大学で学びま...
ゴムの穴あき対策について
弊社でゴム(NBR)の部品を使用していますが穴あきが目立っています。 原因はゴムの材料の固ま...
逆圧電効果について
圧電素子やピエゾクチュエータは電圧を加えると変形する特性がありますがヤング率は変化するのでしょ...

月間ユーザーランキング TOP10



質問箱メニュー

検索

質問する

あと2000文字入力できます。

入力欄を広げる

ページトップへ