翻訳についてご教授下さい

エンジニア質問箱

質問箱メニュー

検索

質問する

翻訳についてご教授下さい

シャア大佐さん
質問日時: 2014/07/15 00:04

翻訳についてご教授下さい
Thermo setは熱硬化樹脂、Thermo plasticは熱可塑樹脂なのですが
Thermo castと言うのは翻訳すると何樹脂が適当なのでしょうか?

この質問にキーワードを設定する

違反通報

並び替え:
▼最新順に表示
▲投稿順に表示
回答2
回答日時 : 2014/07/15 13:20

mecさん

あまり役に立ちませんが、回答が出ないようですから一筆。

Thermo cast という言葉を聞いたことがありません。
私が聞いたことがなくてもあるかも知れませんね。

お勧めの方法:
http://www.linguee.de
へ行って下さい。独英のサイトですが、構わず "thermo set" と入れて下さい。" " も附けて下さい。
すると、この言葉を使った文例が沢山出てきます。ドイツ語は無視して下さい。英語の部分を見れば、単語の使い方がよく分かります。

"thermo cast" では多分何も出てこないでしょう。
Termo cast はあるかも知れませんが、あまり使われないことが分かります。
=====
ご存じのように翻訳は単語の置き換えではありません。背景が分かって初めて意味が通じます。
thermo cast がどのような文章で使われていたか書かれたら、回答が集まると思います。皆さんの知恵が出しやすくなります。

この回答が「なるほど」と思ったらクリック→

なるほど0人

違反通報

mecさんへのお礼 お礼日時: 2014/07/15 19:28

ありがとうございます

素材の分類表内に書いてあり、
Polyurethane(ポリウレタン)の下に「thermo set」と「thermo cast」と
二分されており、素材名的には「thermo cast Polyurethane」として
何種類かが記載されています。

何となくイメージ的に「型流し込み製品」という感じもしていますが・・。
(切削加工などが出来ない素材というポリウレタンでは無いかと)

違反通報

回答3
回答日時 : 2014/07/15 13:32

Kiloさん

thermo cast 自体は「熱を利用した流動成形」を指すように思いますが、
thrmo cast (resinを省略)として樹脂に対して用いた場合は、

 ①低粘度の樹脂で、注型後熱硬化させるもの
    ⇒一般には「注型樹脂」(ポリエステル、エポキシ系など)
 ②熱可塑性を利用して押し出し工法等で成形されるもの
    ⇒「熱可塑性樹脂」(板材用のアクリルなど)

のどちらにも使用できるのではないでしょうか。(前後文脈からは、どちらのイメージでしょうか?)

この回答が「なるほど」と思ったらクリック→

なるほど0人

違反通報

Kiloさんへのお礼 お礼日時: 2014/07/15 21:28

thrmo castの後ろは「Polyurethane」です。

違反通報

回答4
回答日時 : 2014/07/15 13:58

Kiloさん

済みませんが、私の記憶に誤りがあった為、
 先の回答内容の具体例について一部訂正させて頂きます。(訳の考え方自体は変わりませんが…)

アクリル樹脂については、板材を成形する場合「押し出し」と「キャスティング」の両方が用いられており、① ②のどちらにも当てはまると言えます。

・押し出し成型品:熱可塑性を利用しダイ(口金)等で変形成形させたもの
・キャスティング成形品:低粘度のアクリルを金型に流し込んで硬化成形(熱硬化とも言える)させたもの

この回答が「なるほど」と思ったらクリック→

なるほど0人

違反通報

Kiloさんへのお礼 お礼日時: 2014/07/15 19:29

ありがとうございます

素材の分類表内に書いてあり、
Polyurethane(ポリウレタン)の下に「thermo set」と「thermo cast」と
二分されており、素材名的には「thermo cast Polyurethane」として
何種類かが記載されています。

何となくイメージ的に「型流し込み製品」という感じもしていますが・・。
(切削加工などが出来ない素材というポリウレタンでは無いかと)

違反通報

回答1
回答日時 : 2014/07/15 22:49

お役に立てばさん

cast(カスト、キャスト)は金属の鋳物注型(ダイカスト)、樹脂での注入、押出成形、
ダイで押出製膜すること。他の回答にもあるように樹脂ではcastingの方がよく使われます。
ウレタンの場合2液反応(硬化)タイプと、castinngできるのは常温液状タイプと
熱可塑性(熱で液状、流動)タイプがあります。ここでは後者をThermo cast PUと
呼んでいるのか。でも反応タイプも反応前ならcasting可能ですし。
文章の前後をもっと読んでみないと分かりませんね。単に1液タイプと2液(反応)タイプ
とを呼び分けているのか。様々かと。
http://okwave.jp/qa/q1367301.html
・Wikpedia レジンキャスト
キャスト型ポリウレタンの例
http://www.songwon.com/jp/products/polyurethanes/tpu
http://www.kasare.com/material/silicon/resin/
http://homepage2.nifty.com/NTC/seihin-syoukai/zairyou-syoukai.htm

この回答が「なるほど」と思ったらクリック→

なるほど0人

違反通報

お役に立てばさんへのお礼 お礼日時: 2014/07/16 07:10

何となくですが「キャスト型ポリウレタン」というのが
しっくりきますね。

この件は文章中ではなく、素材一覧表みたいな物に記載があり
Polyurethane(ポリウレタン)の下に「thermo set」と「thermo cast」と
二分され、その下にそれぞれ素材名があるのです。
その素材名が一般流通商品ならまだ探せるのですが、そうでも無いので
困っていました。
「thermo set」の下にあれば「熱硬化系」で理解できたのですがそれと
平行にあるので、どう表記しようか悩んでいました

違反通報

並び替え:
▼最新順に表示
▲投稿順に表示

この質問をブックマーク

最新の質問

塗料硬度
国産車の塗料硬度はモース硬度でどのくらいになりますか?
英語圏で働くのにおすすめの国は?(英語勉強目的)
日本在住のプログラマーです。 今後CSの修士を取るために英語を学びたいと思っています。 そ...

月間ユーザーランキング TOP10



質問箱メニュー

検索

質問する

あと2000文字入力できます。

入力欄を広げる

ページトップへ