超音波 瞬間 ノズル内スラグ除去システムの必要性の有無

エンジニア質問箱

質問箱メニュー

検索

質問する

超音波 瞬間 ノズル内スラグ除去システムの必要性の有無

moonbabyさん
質問日時: 2014/10/08 19:47

超音波で、アーク溶接時のノズル内のスラグ?除去の依頼を受けました。
その必要性は、高いのでしょうか。アーク溶接について、いろいろな人に質問していますが、まだ、ピリッと来ません。
 ある自動車メーカーさんが 持ってきたノズル(正しい言い方がわかりませんが)の内部をマイクロスコープで見ると、細いクモの巣か、水あめを引っ張ったような細い糸状のスラグ(これもただし言い方でしょうか)が、びっしり取りつき、内部に輪ができているようでした。
これを 超音波で除去してほしいという依頼でしたので、当社のバリ取り用超音波で 2分で除去しました。
 ただ、実験に使った装置は、大変大きく、ノズルのような小さな対象は、一度に500個が処理できます。
 1個除去でいいので小さくより強力なものを作ってほしいと言われて、ノズルのスラグ除去(バリ取り用でもあります)用を試作しました。
前回の実験時の超音波の強さの3倍を達成できたので、連絡を取ったのですが、配置換えか、担当者がいません。
 無駄にしたくないので、板金加工の外注さんに聞いたりして、本当の必要性について 調べています。良くわかりません。
 現在、スラグ除去には、ブラシ他様々な方法が実用化されています。
超音波で 除去することに 価値は、あるのでしょうか。
 あるいは、価値があるとすれば、どのような条件の時に、意味を持つのでしょうか。教えていただければ 幸いです。

この質問にキーワードを設定する

違反通報

この質問に回答する

並び替え:
▼最新順に表示
▲投稿順に表示
回答1
回答日時 : 2018/05/16 15:22

NMEDさん

工程設計中、品質管理より溶接スラグの除去の必要性を指摘受け
除去方法の検討中ですが、超音波(+研磨材)等の方法を調査中
微細部品にレーザーでの溶接なので、ブラシやブラストは不可
逆にいい方法があれば教えてほしい。
微細部品はニーズがあると思う。

この回答が「なるほど」と思ったらクリック→

なるほど0人

違反通報

並び替え:
▼最新順に表示
▲投稿順に表示

この質問に回答する

この質問をブックマーク

最新の質問

固体の酸性性の評価方法
水系塗料中に一般的にpH調整剤として用いられるものを添加し、 乾燥させ塗膜化した際の酸性質の...
食用油を循環できる 耐熱180度 小型ポンプありませんか?
食用油180度程の循環を可能にする小型ポンプをご存知の方みえませんか 吐出量0.1〜5L/mi...
アセチレン溶接場の廃ガスに対する換気量について
プロパンガスの廃ガス処理の換気量については建築基準法にてV=40KQ(フードなしの場合)の計算...

月間ユーザーランキング TOP10



質問箱メニュー

検索

質問する

あと2000文字入力できます。

入力欄を広げる

ページトップへ