エンジニア質問箱

質問箱メニュー

検索

質問する

バルブCv値算出について

hrtさん
質問日時: 2015/05/03 17:42

圧力P1のガスが流れる母管ラインから
付属しているバルブを開けることで枝ラインにガスを流すことを考えています。

操作対象バルブ下流圧をP2とするバルブ開度を求めたいと思っています。

Cv値算出の式では、
Cv値は流量・比重・前後圧力の式で成り立っていると思います。
しかし、今回の計算では、比重・前後圧力は入力できますが
流量がどの程度流れるかがわかりません。

このような場合、どのようにしてCv値を求めるのでしょうか。

キーワード

全て見る

この質問にキーワードを設定する

違反通報

この質問に回答する

並び替え:
▼最新順に表示
▲投稿順に表示
回答1
回答日時 : 2015/05/05 03:50

改魔神さん

まずCV値についてはこんなところに書かれていますね
http://www.hisaka.co.jp/valve/techDoc/techDoc01.html
計算方法についてはこんなところに書かれていますね
http://www.ascojp.co.jp/pdf/manual/tech_data_3_8.pdf
ただ仰る通り流量が判らないと計算の使用がありません

まずは 流量を文字のまま他の判る価を入れて計算してみましょう

結果は簡単な一次関数になるのではないでしょうか?

あとは 予算を考えて買えるバルブのCV値を選んで その時の流量を計算します
それで 問題がなければその設定でバルブを決めて設計します

もし問題があれば 流量を先に決めてCV値を計算してカタログの中からCV値に適合したバルブを選ぶ

これしか 方法はないのではないでしょうか?
と言うか これが設計ですね?

手持ちの適当なバルブを使って どのくらいの数字になるか概略実験する事をおすすめお薦めします

こんなもんで

この回答が「なるほど」と思ったらクリック→

なるほど0人

違反通報

回答2
回答日時 : 2015/05/07 14:52

mkunさん

流量がわからなければ、正確なCv値はわかりません。
大体でよければ。
カタログにバルブのCv値があると思うのでそれで大体のことはわかると思います
只純粋にバルブのみのCv値なので、目的別に若干下駄を履かせます。
安全弁などの設定の場合はそのまま、流量保証の場合は小さめですね。
後はバルブの形状と口径から有効断面積を推定する方法
有効口径のCv
値換算は
S=18.45Cv Sはmm2
単純オリフィスの場合有効口径は実最小口径の0.8倍を使うことが多いようです
いずれにせよ大体の推定レベルなので測定することが一番です
実測がむりであれば、試験配管を作って測定する方法もあります。

この回答が「なるほど」と思ったらクリック→

なるほど0人

違反通報

並び替え:
▼最新順に表示
▲投稿順に表示

この質問に回答する

この質問をブックマーク

最新の質問

冷凍サイクルについて
蒸気圧縮式冷凍サイクルについて 低圧ガスを高圧ガスにするために圧縮機があると大学で学びま...
ゴムの穴あき対策について
弊社でゴム(NBR)の部品を使用していますが穴あきが目立っています。 原因はゴムの材料の固ま...
逆圧電効果について
圧電素子やピエゾクチュエータは電圧を加えると変形する特性がありますがヤング率は変化するのでしょ...

月間ユーザーランキング TOP10



質問箱メニュー

検索

質問する

あと2000文字入力できます。

入力欄を広げる

ページトップへ