エンジニア質問箱

質問箱メニュー

検索

質問する

洗浄工程改善案のご教示

こうさん
質問日時: 2015/11/05 00:30

小径段付きシャフト(SUS303)の出荷工程でワークの隅に白い斑点が付着してる問題が発生してます。
おそらくポリマーと思われるのですが、きれいに取り除くには水置換溶剤につける前に市水洗浄を行えば、綺麗な状態になります。
しかし、市水洗浄工程を行うことで10万/月の水道代がかかっております。
費用も馬鹿にならず、良い方法があれば教えて下さい。工程の流れを下記に記載します。
研削液(水溶性)→市水洗浄→水置換溶剤→炭化水素溶剤→2層式真空洗浄
以上が現在の工程です。
研削液の濃度を薄くしたり、水置換置換溶剤を全て入れ替えたりもしましたが改善しません。
やはり研削液が問題なのでしょうか?

この質問にキーワードを設定する

違反通報

この質問に回答する

並び替え:
▼最新順に表示
▲投稿順に表示
回答1
回答日時 : 2015/11/09 13:15

ほんわかさん

こんにちは。

加工洗浄液の流量をコストカットのため節約したためワークの加工熱を
加工中に十分に緩衝できず乾燥跡が付いていると推測します。
まず白い斑点が機械加工の研削洗浄液の乾燥跡でないかご確認ください。

その場合、
○ワーク加工熱が減るように工具を見直す。
○洗浄液の流量そのものを増やす。
○冷却目的に補助冷却液(市水)を使って加工時ワーク温度を下げる。
などの対策が考えられますね。

この回答が「なるほど」と思ったらクリック→

なるほど0人

違反通報

回答2
回答日時 : 2015/11/12 10:28

keinさん

ポリマーと思われるとのことですが、有機物なら研削液を最終の炭化水素溶剤に持ち込んでいるのでしょうね。

炭化水素溶剤での洗浄は浸漬ですか?
浸漬でしたら単に薄めているだけで、薄まったとしても引き上げた時に付着した溶剤がワークの隅で滴滴が煮詰まって斑点になっているのでしょう。溶剤の蒸気洗浄だと溶剤を蒸留して使用するため効果的です。

また、10万円以上の水道代だと数100m3/月の使用量になっていると思いますが、めっき業の私から見ても驚く水量です。おそらく、単一槽で給水しっぱなしの使い方になっていませんか?多段向流水洗だと洗浄効果を上げて、節水できます。
http://koza.misumi.jp/surface/2006/05/252.html

この回答が「なるほど」と思ったらクリック→

なるほど0人

違反通報

回答3
回答日時 : 2015/12/27 20:53

chokmahさん

きれいに取り除ける現在の方法が、
研削液(水溶性)→市水洗浄→水置換溶剤→炭化水素溶剤→2層式真空洗浄
であり、

希望は
上記の市水洗浄を経費のためにやめたい、ということでよろしいでしょうか。


実際のところ、水溶性研削液の後にいきなり水置換剤につけるというのは現状の問題の通り白い斑点がつくほかに、水置換剤の寿命も縮めているものと推測します。

よって、市水の垂れ流し洗浄とはいかないまでも、槽に水を張り(水洗槽)、水洗槽に一度浸漬した後に水置換槽に行くのが良いと思います。

提案↓
研削液(水溶性)→水洗槽→水置換溶剤→炭化水素溶剤→2層式真空洗浄


この回答が「なるほど」と思ったらクリック→

なるほど0人

違反通報

並び替え:
▼最新順に表示
▲投稿順に表示

この質問に回答する

この質問をブックマーク

最新の質問

果実ジュースの泡取り方法
ご教示ください。 果実ジュースの泡を取りたいのです。 例えばリンゴジュースの場合を上げます...
パワーMOSFETに関する質問
パワーMOSFETに関して質問が有ります。 機能試験で不良となった基板の故障解析を行ったとこ...
UV加工ポリフイルム(規格品)探しています
UV加工を施している規格サイズ品をご存知の方情報をお願いいたします。 例:サイズ0.05厚み...

月間ユーザーランキング TOP10



質問箱メニュー

検索

質問する

あと2000文字入力できます。

入力欄を広げる

ページトップへ