エンジニア質問箱

質問箱メニュー

検索

質問する

加工図面の検図方法

ぎんのすけさん
質問日時: 2016/12/13 11:27

金属加工の図面作製を業務としております。
加工用図面の検図の方法で悩んでおります。
(加工用図面・・・顧客もしくは社内で設計された[A]という製品を作るために分解した図面)
現在は最終工程から初工程に向かって加工用図面と顧客図面をマーカーでの消込を行いながら実施しております。
人が行う作業であるためどうしても見落としや、取り代のバラつきの計算ミスでの顧客要求不良が発生してしまいます。
ゼロにすることは難しいですが極力ゼロに近づけるために皆様が取っている対策や検図での注意点などないでしょうか?

キーワード

全て見る

この質問にキーワードを設定する

違反通報

この質問に回答する

並び替え:
▼最新順に表示
▲投稿順に表示
回答1
回答日時 : 2016/12/14 23:27

改魔神さん

「分解した図面」の意味ですが 1つの部品を作る為に加工工程ごとの加工指示図面を作ると言う意味ですよね?
確認は当然 工程毎の加工寸法や仕上げ内容が 顧客図面と合って居るかを確認して 一つ一つマーカーでチェックする以外にはないと思いますが 顧客図面に散在しているポイントをマーキングしていっても 間違い探しの様にマークして居ないのに気付かない物が出て来てしまうので 確認漏れは防げません
一番良いのは 寸法入り2次元cadデータを入手して 工程図面と照らし合わした寸法や仕上げは図面からイレースして行く事です そうすれば 終わったと思っても顧客図面に寸法が残っていればどこかに指示抜けがある証拠です
または顧客図面の写しから チェックした項目は修正ペンでホワイトアウトして行く
これでも 確認漏れは 最後まで黒く残っていますから 確認ができます
続く・・・

この回答が「なるほど」と思ったらクリック→

なるほど0人

違反通報

回答2
回答日時 : 2016/12/14 23:41

改魔神さん

続き
要は 単にマーキングしても 黒い寸法指示や仕上げ指示が赤や青になるだけで 結局すべての項目が書かれているので 色付き/色なしといった 違いが そんなに目立たないんです(消込では無く 色塗りしただけで消してないから 目立ちにくいのです)
白い紙に黒い指示が書かれていて チェックするたびに 指示項目を白くしてしまえば チェックされたものは無くなる チェックされない物だけが残るので 有無の違いは一目瞭然です

確認した項目は消して行き 顧客図面からすべての項目が消えるまで 加工工程図面の指示項目を確認する

こんな 文字通りの消込法は いかがでしょうか?

この回答が「なるほど」と思ったらクリック→

なるほど0人

違反通報

改魔神さんへのお礼 お礼日時: 2016/12/15 17:23

改魔神さん

ありがとうございます。
白色に文字通り消し込むというのは目から鱗のご意見です。
ご指摘の通り検図している本人は、消込済みと思い込みがちなので見落としが多いです。

イレースに関しては先方のCADデータを入手するルートが無いため
まずは白色消込法を実践してみたいと思います。

素晴らしいご意見ありがとうございます。

違反通報

並び替え:
▼最新順に表示
▲投稿順に表示

この質問に回答する

この質問をブックマーク

最新の質問

オシロスコープ 100Vのサイン波の謎
オシロスコープでプローブのGNDをオープン。プラスをメタルディスクに押し当てると100V、60...
水の強制蒸発
水量1000㎏表面積1㎡・水温26°の水を時間当たり1㎏蒸発させる方法を教えて下さい。
厚モノのラミネート加工
ご尽力いただければ幸いです。 全体サイズが80*50ミリ程度で、その中に 70*40m...

月間ユーザーランキング TOP10



質問箱メニュー

検索

質問する

あと2000文字入力できます。

入力欄を広げる

ページトップへ