通常の自力式減圧弁(フランジタイプ)とレギュレータの違い

エンジニア質問箱

質問箱メニュー

検索

質問する

通常の自力式減圧弁(フランジタイプ)とレギュレータの違い

koikoiさん
質問日時: 2018/06/11 14:54

エンジニア関係の質問です。
通常の自力式減圧弁(フランジタイプ)とレギュレータの違いは何でしょうか。
自力式減圧弁のメーカーとしてフシマンなどあります。レギュレータも減圧弁と言いますが、圧縮エアラインによく使うレギュレータが含まれる三点セットという言い方もあります。レギュレータのメーカーとしてSMC、CKDがあります。
違いとしては、各メーカーの習慣で言い方の問題だけでないと思います。用途(対応できる流体条件)によって別れると思いますが。。。

この質問にキーワードを設定する

違反通報

この質問に回答する

並び替え:
▼最新順に表示
▲投稿順に表示
回答1
回答日時 : 2018/06/28 09:37

カジヤンさん

うろ覚えなので自信はないですが、同じ意味だったと思います。
ポンプ等に送る空気等を減圧するのがエアーレギュレーターであり、ポンプの部品が過度なストレスが加わらない様にする、安定化させるのが目的ですね。

ただ、電子部品で3端子レギュレーターというのもありますので、ただのレギュレーターというと誤解する人がいるかも知れません。

参考になれば幸いです。

この回答が「なるほど」と思ったらクリック→

なるほど0人

違反通報

並び替え:
▼最新順に表示
▲投稿順に表示

この質問に回答する

この質問をブックマーク

最新の質問

安全運転管理者の在任期間
安全運転管理者についてですが、 在任期間として最長何年までと決まっているのでしょうか? ...
電子回路の部品選定について
電子回路の部品選定をしています。 ICのパッケージ違いで生産終了品が出ている場合、そのICは...
C重油にベンゼンが含まれる
C重油にベンゼンが含まれている場合の主機関への影響について、教えて下さい。

月間ユーザーランキング TOP10



質問箱メニュー

検索

質問する

あと2000文字入力できます。

入力欄を広げる

ページトップへ