アセチレン溶接場の廃ガスに対する換気量について

エンジニア質問箱

質問箱メニュー

検索

質問する

アセチレン溶接場の廃ガスに対する換気量について

サモナーさん
質問日時: 2018/08/08 16:00

プロパンガスの廃ガス処理の換気量については建築基準法にてV=40KQ(フードなしの場合)の計算で
K値=0.93㎥/KWH等を使と思いますが
作業場でアセチレンガス溶接の廃ガスに関する必要換気量を求める場合のK値はいくらになるものでしょうか?


この質問にキーワードを設定する

違反通報

この質問に回答する

並び替え:
▼最新順に表示
▲投稿順に表示
回答1
回答日時 : 2018/08/09 19:31

plusさん

専門家じゃないので正確かは不明ですが・・・
Kって理論廃ガス量(m3/kW・h)(m3/kg)ですよね

釈迦に説法ですが理論廃ガス量は
理論空気量で完全燃焼したと仮定された時の燃焼廃ガス量のことで
理屈では理論空気量の1.1倍となるが 実際には2割ほど増加するらしい

このことから考えると式の意味は
理論廃ガス量はどれだけ居室の空気を使うかの予測であり
アセチレンガス溶接の場合は 必要な空気の大部分を酸素として
供給しているので計算の必要がないのではないでしょうか

従って 一般の工場換気と同様に考えて一人あたりの換気量で良いのでは?

当然 ガス溶接に関わる労働安全衛生法に基づく措置は必要ですから
換気で言えば 作業場局所の換気は必要だと思われます

この回答が「なるほど」と思ったらクリック→

なるほど0人

違反通報

並び替え:
▼最新順に表示
▲投稿順に表示

この質問に回答する

この質問をブックマーク

最新の質問

転位量の和の式について
歯車諸元についての質問です。 2対の歯車の噛み合いにおいて、与えられた軸間距離に収めたい場合...
短縮アンテナの放射効率の低下
なぜアンテナを短縮すると放射抵抗が低下するのですか?
水溶性の切削液・研削駅について
水溶性の切削液・研削駅の希釈についてですが。 水道水で希釈するのと、電解水で希釈するのとの違...

月間ユーザーランキング TOP10



質問箱メニュー

検索

質問する

あと2000文字入力できます。

入力欄を広げる

ページトップへ