エンジニア質問箱

質問箱メニュー

検索

質問する

エタノールと水の混合液

cafetimeさん
質問日時: 2020/10/08 03:49

エタノールと水の混合液を加熱して分離させられるのなら逆に冷却して分離させられませんか?

この質問にキーワードを設定する

違反通報

この質問に回答する

並び替え:
▼最新順に表示
▲投稿順に表示
回答1
回答日時 : 2020/10/08 10:58

岩魚ちゃんさん

できないと思います。(特殊な方法でもあるのかな???)

加熱で分離(分留)できるのは沸点に差があるからですよね。
エタノールの沸点は78℃位だったと思いますが、水は100℃です。
混合液を仮に85℃に保てば、エタノールは気化し、水はしません。帰化したエタノールを冷却して液化すれば分離回収(微量の水は混在する)ができます。

冷却の場合、水は0℃で固化しますが、エタノールの融点は-114℃(ちょっと自信なし)位なので0℃を若干下回る程度では固化しません。
従って、-10℃位にして水が凍った塊を取り出せば分離なのかもしれませんが、そうはなりません。

エタノールは水に溶け易い事もあり、混合状態(水:溶媒、エタ:溶質)で凍ります。
但し、混合物である事で凝固点降下が起こり、融点は0℃より下がります。
混合状態では分離ができず通常は行わないと思います。

この回答が「なるほど」と思ったらクリック→

なるほど0人

違反通報

回答2
回答日時 : 2020/10/21 11:55

chokmahさん

エタノールの融点が、-114℃なので冷却分離は可能と思います。
冷却分離による回収は、水の固体を都度除去すればよいです。

工業で実用化されないのは、蒸留法に比べ、-114℃以下に冷却することの方がコストがはるかに高くつくからと思われます。

この回答が「なるほど」と思ったらクリック→

なるほど0人

違反通報

回答3
回答日時 : 2020/10/21 12:06

chokmahさん

すみません、回答を一部訂正します。
ちょっと疲れてぼけてしまいました。

冷却分離で、-114℃以下まで冷却する必要はありません。

この回答が「なるほど」と思ったらクリック→

なるほど0人

違反通報

並び替え:
▼最新順に表示
▲投稿順に表示

この質問に回答する

この質問をブックマーク

最新の質問

樹脂の割れ方について
樹脂製(POM)のパイプを平らな面のプレスで押し込み、何Nで破壊するか試験をしました。その様子...
樹脂の割れ方について
樹脂製(POM)のパイプの破壊試験で、それを上から金属製の平面にて押しこむと、パイプが楕円状に...
樹脂の残留応力について
樹脂製(POM)の部品でクラックが発生しました。確率としましては、数万個に1個ぐらい、滅多には...

月間ユーザーランキング TOP10



質問箱メニュー

検索

質問する

あと2000文字入力できます。

入力欄を広げる

ページトップへ